2010年06月07日

犬ぞりレース

昨日、テレビを見ていたら、アラスカの犬ぞりレースのドキュメントをやっていた。

私も以前、犬ぞりレースに関わったことがあるので、興味深くテレビをみていた。

参加者24人が、1600kmを10日かけて行う犬ぞりレースらしい。

このレースのコースは、約100年前にある日本人が犬ぞりで金鉱脈発見を伝え、ゴールドラッシュとなったときのコースだそうだ。

その日本人は和田重次郎という人を調べてみた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E7%94%B0%E9%87%8D%E6%AC%A1%E9%83%8E

凄いですね。

アラスカ物語のようです。

本も出ているようなので、読んでみようかな。
posted by トラ吉 at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

カジタックス廃業

株式会社カジタックスが廃業となるそうです。

(岳人6月号199P照覧)

ピッケルやアイゼンを愛用してましたので残念です。



posted by トラ吉 at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

「9・11以来」、世界の空の便が大混乱

「9・11以来」、世界の空の便が大混乱
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100416-00000406-yom-int

4月16日10時55分配信 読売新聞
 【ロンドン=大内佐紀】アイスランド南部で14日、大規模な火山の噴火があり、欧州各地に火山灰が到達。

 AFP通信によるとこの影響で航空機5000〜6000便が欠航になった。主要空港も次々閉鎖され、影響は日本発の便にも及んでおり、世界の空のダイヤは2001年の米同時テロ以来という混乱を来している。

 噴火したのは、首都レイキャビクの東約120キロ・メートルのエイヤフィヤトラヨークトル氷河の火山。付近の住民800人が避難したが、被害の情報はない。

 だが、火山灰が急速に広がり、パイロットの操縦や航空管制に影響するほか、飛行機のエンジンに障害を起こす恐れもあることから、15日以降、欧州各地で主要空港の閉鎖や欠航が相次いだ。

 英航空当局は当初、16日早朝まで英国上空の飛行を禁止する措置を発表したが、禁止は少なくとも同日午後1時(日本時間午後9時)まで延長となっている。空の玄関ヒースロー空港はじめ英国発の便は15日だけで約840便が欠航となり、30万人以上が影響を受けた。また、日本や米国などからの旅客機の多くが、着陸出来る見通しが立たずにUターンした。

 英航空当局は、飛行禁止は「米同時テロの時にさえなかった事態」と語っており、影響の長期化が懸念されている。

 火山灰の影響は時間の経過と共に北欧諸国やオランダ、フランス、スイスなどにも広がっており、16日も各国で主要空港の閉鎖や欠航が相次ぐのは必至だ。

****************************

自然の驚異は、テロより恐ろしい・・・・・

気候にも影響がでそうですね。

最近は地震も多いし、気候変動の時期に当たるのかも・・・・


posted by トラ吉 at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

ひだまり

テレビを見ていたら、にほん秘境風景?という番組で、長野県秋山郷と苗場山を紹介していた。

其の中で、ヒュッテひだまりのオーナー相澤博文氏が出ていた。

以前、苗場山の登山ガイドをしていたときにお世話になった人である。

なつかしい・・・・・・・・・・・

posted by トラ吉 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

ハチはなぜ大量死したのか

ハチはなぜ大量死したのか

【内容紹介】
突然働きバチがすべて失踪、コロニーは全滅する。蜂群崩壊症候群の原因究明でみえてきた地球の生態系の危機。現代版「沈黙の春」

2007年、北半球に生息するミツバチの4分の1が消えました。ある朝養蜂家が巣箱をあけると、そこにいるはずの働きバチがいないのです。働きバチは二度と帰ってくることなく、そのコロニーは全滅します。謎のその病気は蜂群崩壊症候群(CCD)と名付けられます。その原因追究から「生態系の平衡の歪(ゆが)み」というより大きな枠組みに読者をつれさる知的興奮の科学書です。福岡伸一さんの解説が付きます。


posted by トラ吉 at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

posted by トラ吉 at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月29日

餅が喉につまったら・・・



親父が餅を大量に買ってきたので、ちょっと心配になり、

いざというときに「イマムラ IMG吸引ノズル」を買いました。

喉に異物をつまらせたときに、これを掃除機につけて吸引させるものです。

実際には、胸部を手で圧迫したりして、肺の空気で押し出すほうが正当ですが、

保険として買ってみました。

使わないで、年を越したいですね。
posted by トラ吉 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

新潟県湯沢町スキー場の積雪情報

今年も暖冬で、積雪情報を見ても滑れるスキー場が苗場とかぐらの2つに限られますね。

新潟県湯沢町スキー場の積雪情報
http://www.e-yuzawa.gr.jp/ski/snow.php



posted by トラ吉 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月11日

オールドソルト逝く

a.jpg

私にとっては、俳優というよりヨットマンとして憧れの人だった。

日本一の名艇「ふじやま丸」(1964年に建造した日本最大のセーリングヨットで、全長72ft(約23m)、重量90tのケッチ型、二本マストの鋼鉄船で、冷暖房、ビーコン、レーダーと最新の装備を持つ名実共に日本一のヨット)が、思い浮かぶ。

この船は、タタミの部屋と檜の風呂があったとか・・・・・・

ご冥福を祈る。


posted by トラ吉 at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

滑落の原因

行方不明だった人気漫画「クレヨンしんちゃん」の作者、臼井儀人(本名・臼井義人)さん(51)について、群馬県警は20日、同県と長野県にまたがる荒船山(標高1423メートル)で見つかった遺体を臼井さんと確認したと発表した。歯型などが一致したという。

 群馬県警によると、臼井さんは荒船山の絶壁「艫(とも)岩」の頂上付近から転落したとみられ、遺体は艫岩の真下120メートル付近で見つかった。約50メートル離れた斜面に臼井さんのリュックサックやカメラも落ちていた。リュックには携帯電話と財布、衣類が残されていた。

http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090921k0000m040081000c.html?inb=yt

************************


昔、登山ガイドをやっていたので、滑落の原因として思い当たることがあります。

それは、ザックの腰のベルトをしていなかった可能性です。

ザックの腰のベルトをしていないと前かがみになったときに、ザックが頭の方に落ちて、前にバランスを崩して前に転がってしまいます。

崖っぷちに立って、腰ベルトをせず、前屈みになって写真撮影をすることは、非常に危険なのです。

ですから、私はガイドをするときに、参加者に腰ベルトをするように必ず言っていました。

故人のご冥福を祈ります。
posted by トラ吉 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。