2008年10月21日

カウベル 熊に会わないために

秋はアウトドアにはいい季節ですが、山に行くときは熊に注意しましょう。

私も釣りに行ったときに、ばったり熊さんと会ってしまったことがあります。

非常に怖い思いをしました。

被害の状況は、山菜取りが最も多いらしいです。

お互いに判らなくて、ばったり会うのでしょう。

熊は臆病な動物なので、音に敏感です。

カウベルという鈴をザックにつけておくと、絶えず金属音が鳴って、熊を近づけさせることはありません。

ハイマウント カウベルM 13541

ハイマウント カウベルM 13541

重量S:約20g M:約24g L:約56g



高いものではありませんので、お勧めの一品です。


posted by トラ吉 at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

超小型ソーラー充電器携帯ストラップ

世界初!超小型ソーラー充電器携帯ストラップ★ソーラーチャージeco

世界初!超小型ソーラー充電器携帯ストラップ★ソーラーチャージeco



★充電時間の目安:晴天下で約6-10時間
★繰り返し500回充電できて超エコ!
★ACアダプターからも約3時間で充電可能
★最長通話時間約40分にアップ!
★超小型&重さ約40gで持ち運びもラクラク!
★携帯電話に充電する際の充電時間の目安は約15?25分。

サイズ:全長約11.5cm 充電器約5.6cm
重量:40g



今時、携帯電話を持っていない人はいないでしょう

登山の救助も携帯電話からというのが、多くなっているようです。

アウトドアでは通常の充電器は使えないので、行程が数日間に及ぶときは電池式の充電器をもってく人がいると思う。

しかし、この電池式は意外と重いので持っていくのを躊躇することおがありますます。

この「超小型ソーラー充電器携帯ストラップ ソーラーチャージeco」は、そういった重量の心配することなく、0gと軽いので、いつでも充電できるのがいいですね。

災害時の停電にも、使えるのでよいアイテムだと思います。
 
posted by トラ吉 at 10:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

緊急ハンマー

鹿島市の車の水没事故について、警察と消防が動かなかったことが遺族やマスコミによって非難されている。

警察や消防は、相手の氏名や車のナンバー、車の色などを確認しないのだろうか?
初歩的なミスというより、マニュアルが不備なんだと思う。

アウトドアへいくときの車がそのような場面に会うかもしれない。

私の弟は、車ごと崖から落ちたことがある。

幸い怪我もなく脱出できたが、その車の窓は手動式だったから脱出できたのだ。

今の車は窓が電動で動くようになっているために、水没したらアウトだ。

いざというときのために、車の中に緊急ハンマーを常備しておきたい。


posted by トラ吉 at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

フルックス 強力虫よけ はっかスティック



沢登や渓流釣りなどでお勧めの虫除けです。

ハッカ成分でアブなどを寄せ付けません。

ぜひお試しを。
posted by トラ吉 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月27日

熊避けスプレー カウンターアソールト(CA230)

IMGP1473.JPG” ”IMGP1476.JPG

以前、渓流釣りに行ったときに、バッタリ熊さんと会ってしまった。

滝を脇を登って、やっと平らなところに出て、フッと前を見ると大きな黒い「犬」がいるではないか。

なんでこんな所に「犬」がいるのかなぁ・・・・・・??

よーく見ると、熊ではないかぁぁぁぁぁぁああああ!!!!!!!!

とても「ある〜日、熊さ〜んに、出会〜たぁ〜」などと歌える状況ではない。

手には釣竿、腰に小さなナイフしかなく、とても熊と戦えるようなものではない。
近くにあった岩の影に隠れて、笛を吹きまくった。

幸い熊との距離があったので、熊はびっくりして藪の中へごそごそと行ってしまった。

しかし、両サイドは絶壁で、熊のいたところを通り抜けないと、道に出られない。
熊の巣の場所だとか、小熊でもいたら大変である。
ビクビクしながら、そこを笛を吹きながら通りぬけた。

その日は、釣りどころではなくなってしまった。

その後怖くて釣りに行けなくなってしまったので、これを買った。


米国連邦政府グリズリーベア委員会(IGBC)が認めたクマスプレーとしての基準では、ガスの最小限界噴射距離が25フィート(約7メートル50センチ)必用ですが、「カウンターアソールト」の最小限界噴射距離は30フィート(約9メートル)あり、基準値を達成しています。


posted by トラ吉 at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月05日

つめかえ君

IMGP1975.JPG

IMGP1974.JPG

カセットコンロのガスボンベからストーブのガスボンベに詰め替えるアイテムだ。
使い方は簡単、ただボンベをつなげるだけである。
コツは、詰める方を冷やし、送り出す方を暖めること。

これで燃料代が安くなるので、お勧めアイテム

http://www.alva.ne.jp/
posted by トラ吉 at 11:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月02日

ストレッチセミロングスパッツ

F1000102.JPG

モンベルのストレッチセミロングスパッツ。
トレイルランニングの時に、ローカットシューズの上に履くスパッツ。
登山用のスパッツとは違って、ぴったりフィットする。
これで小石や泥が入らない。
通気性もあり、それほど蒸れない。
軽いし、ストレッチ性もあり、秀作である。


posted by トラ吉 at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

シエラカップのふた

IMGP1949.JPG

これもハロマークの製品で、チタン製のシエラカップのふた。

ちゃんと溝が切ってあるので、ぴったりと修まる。

ふたがあるとお湯を沸かすのも早いというエコ商品で、まな板にもなるというアイデア商品である。

チタン製というのが珍しかった頃に発売されたために、話題になった。

実際には、シエラカップでお湯を沸かすという状況があまりないために、出番はほとんどなかった。
posted by トラ吉 at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

ベース&まな板

厚さ2mmのベニヤを20cm×20cmの大きさに切って、ニスを塗ったもの。

重量60g

ストーブのベースにしたり、まな板にしたりして使っている。

特に、雪上では重宝する。

IMGP1944.JPG
posted by トラ吉 at 10:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。