2017年11月18日

マナスル121のメンテナンス

マナスル121のポンピングが上手く出来なくなりました。
押してもスカスカ状態です。

もう使い始めて4年くらいになります。
毎日使っていますので、革のポンプカップがヘタれて来たのだと思います。

スペアのポンプカップは、ずいぶん前に購入していたのでそれに変えることにしました。

ポンプを外しところです。
IMG_3521[1].JPG

ポンプを分解したところです。
IMG_3522[1].JPG

新(左)旧のポンプカップです。大きさが違いますね。
IMG_3523[1].JPG

革のポンンパップにルプリカントを浸み込ませてから組み込みます。
IMG_3524[1].JPG

ポンプを挿入するところです。押し込むようにしてやっと入りました。
IMG_3525[1].JPG

点火してみると、とてもよく圧力がかかるようになりました。
このゴトクは、マナスルのものではありませんが気に入って使っています。
IMG_3526[1].JPG


posted by トラ吉 at 13:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。