2012年05月31日

ハンモックで1年間

約1年ぶりに投稿

この1年間ちかく、毎晩ハンモックで寝ていた。

夏だけと思っていたら、寝心地がいいので、冬も・・・・

さすがに冬の間は、ハンモックの下にマットレスと寝袋を使った。

主にイギリスのDDハンモックで購入したフロントラインというタイプ。

http://www.ddhammocks.com/product/frontline-hammock

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=9yuNBXdpPaQ

45£ということは、現在のレートで5500円くらいか・・・・

へネシーハンモックUltralite Backpackersは $219.95だから約17,000円なので

http://hennessyhammock.com/catalog/#hammock

3分の1くらいのコストなのだ。

重量もヘネシーUltralite Backpackersが860 gなのに対して、DDフロントラインは820gだ。

コストパフォーマンスがとてもよいので気に入っている。

posted by トラ吉 at 16:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

Hiker's Depot TOP QUILT/ハイカーズデポ トップキルト

最近は、毎晩ハンモックで寝ている。

いつもは、なにも掛けて寝ていないが、今日の朝方は台風の影響で少し寒かったので、ハイカーズデポのトップキルトを掛けて寝た。

R0015363.jpg

これはハンモックで寝るのに、とても具合がいい。

ハンモックで寝るときに普通の寝袋を使おうとすると、寝袋に入るのに苦労するし、背面は潰れて保温が機能しないし、寝返りを打つと寝袋が一緒に回ってしまうので、とても使いづらいのだ。

そこでいろいろと探したら、こういうのが欲しくなった。

http://www.nunatakusa.com/site07/other_bags/bcb.htm

海外では、似たようなものがいくつもあるが、国内でないのか探していたら、

Hiker's Depot TOP QUILT/ハイカーズデポ トップキルト

これが見つかったので、早速、三鷹の店に行って見せてもらった。

店では、客が実際に寝てみることができるよに、壁に簡易ベットが取り付けられていた。

基本のスペックは、全長178cm、重量550gなのだが、これより10cm短いバージョンもあるということで、試しに寝てみたが、使うときには立体で長さが消費されるので、思ったより短かかったので、標準のサイズを買った。

お勧めですよ、これ。
 
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
 
posted by トラ吉 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | シュラフ・マット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

なぜハンモックで寝ると気持ち良く眠れるのか

http://gigazine.net/news/20110625_hammocks_make_sleep_easier/
2011年06月25日 21時00分51秒
なぜハンモックで寝ると気持ち良く眠れるのか

hammock01.jpg
by antwerpenR

日本では住宅事情や気候の関係もあって、あまり身近ではないハンモックですが、旅行先で試した経験があったり、何となく憧れているという人もいるのではないでしょうか。そのハンモックがもたらすゆっくりとした「揺れ」が睡眠にとって非常に効果的なことが研究によって明らかになりました。

Why Hammocks Make Sleep Easier, Deeper : Shots - Health Blog : NPR

スイスの科学者が行った研究によると、ハンモックがもたらす穏やかな「揺れ」は、ベッドで寝るよりも素早く眠りに落ちることができる上に、より深い眠りになるそうです。そして「揺れ」がもたらす脳の活動の変化が不眠症に対する新たな助けとなるかもしれないとのこと。


科学者たちが行った実験では、端から端まで到達するのに4秒かかるほどゆっくりと揺れるベッドを用意しました。研究を主導したジュネーブ大学の神経科学者ソフィー・シュワルツさんは「この『揺れ』は非常に穏やかで滑らかですね。母親が赤ちゃんを揺らして寝かしつける時よりも穏やかで、鳩時計の振り子よりもかなり遅い速度です」と話しています。


被験者の大人たちに「揺れるベッド」と通常の「静止したベッド」の上でそれぞれ1回ずつ45分間の昼寝をしてもらい、頭皮に取り付けた電極で脳の活動を計測しました。すると、「揺れるベッド」で寝た時の被験者は素早く眠りに落ちましたが、この結果は科学者たちの想像の範ちゅうだったのであまり驚かなかったそうです。しかし、計測した脳の活動結果を見てみると両者の間に大きな差ができていたので、これにはさすがの科学者たちも驚いたとのこと。

睡眠は、脳波と眼球運動のパターンで4つのステージとレム睡眠に分類でき、ステージI〜IVをまとめてノンレム睡眠(深い眠りの状態)と呼びます。そのステージIIでは「睡眠紡錘波(スピンドル)」という睡眠脳波が出現しますが、「揺れるベッド」で寝た時の被験者はステージIIの時間が伸びたそうです。


「睡眠紡錘波」は騒音などノイズの多い環境での穏やかな睡眠に関係しており、脳が睡眠者を落ち着かせようとしているサインとも考えられているとのこと。また、新しい情報を記憶する能力や記憶の再構築にとっても重要です。さらに、回復力のある良質な睡眠に関係しているスローオシレーションの増加も見られ、これまで経験的にわかっていた「揺れると眠りやすくなる」という考えがより確固たるものとなりました。

「我々が見つけようとしたのは、『揺れは眠りを誘う』ということへの科学的な証明です。」と、シュワルツさんと共に研究を実施した神経科学の教授を務めるマイケルさんは言いました。そして、計測した脳波に大きな変化がみられた結果には「全く予期していなかった」と語っています。なお、今回の実験結果は生物学全般を対象としている学術雑誌「カレントバイオロジー」にて発表されました。

「『揺れ』は脳を変えました。今後はこの実験を脳卒中やその他の脳損傷を持つ人々を対象にしてテストする必要があります」とシュワルツさんは言い、不眠症などの一般的な睡眠障害の助けになる可能性があるので、夜の長時間睡眠に与える「揺れ」の効果も調査するそうです。

*********************

実験では、ベットを左右に揺らす方法だったみたいだが、

実際のハンモックでも実験して欲しいですね。
 
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ

posted by トラ吉 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンモック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PUROMONTEプロモンテ ZZマクラGMT14ブラック

枕なんて、スタッフバックに衣類を詰め込めばいいと思っていたが、使ってみると以外によい。

PUROMONTEプロモンテ ZZマクラGMT14ブラック


わずか90gの枕なので、それほど気にならない。

軽量化も必要だが、縦走など数日かかるときなどは、しっかり睡眠をとる方がもっと大事だと思う。
 
中学生の頃、テントで眠れないまま次の日登山だったときは辛かったことを思い出す。

睡眠が十分取れなければ、注意力が散漫になりトラブルを招くことにもなりかねない。

若い頃でさえそうなので、最近はしっかり寝られる方を優先したい。

いや、寝るのも楽しみのひとつだな。

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
にほんブログ村

posted by トラ吉 at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | シュラフ・マット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

暑い夏の夜にハンモックは快適

数年前に、ebayで買ったハンモック。

タイで作られたハンモックで、値段も19ドルだった。

買って直ぐに寝ようとしたて2回ほど試してみたが、窮屈で寝られなかった。

そのまま、放っておいたものを再び出してきて、もう一度試してみた。

何度も、ハンモックの中で最適のポジションをさがす。

以前、窮屈と感じたのは、ハンモックは体を包み込むようになるため、どしても両肩への圧迫が感じられて、それが違和感となって寝られなかったのだ。

もうひとつは試した季節が春だったため、そとの気温が低くて背中が寒く感じたのも、寝られなかった原因のようだ。

この両肩への圧迫感を減らすには、ハンモックにスプレッダーをかまして、平になるようにするのが一番だ。

ビーチなどでよく見る、アミでできたハンモックに木の横棒が2本あるやつだ。


私が買ったのは、キャンプ用のハンモックで、モスキートネットがついてるもの。

重量も850g。

ハンモックの布の大きさは、240cm×120cm。

それを両端でロープで縛って、木に吊るすようになっている。


DSC00231.JPG

今回は、何度もハンモックの中でポジショニングをしてみた。

両肩への圧迫を回避するには、両手を挙げてしまうことが一番楽なようだ。

これで試してみると、なんとぐっすり眠れた。

今回は夏なので、背中の冷えは涼しく感じられて、気持ちがいい。

それに朝起きてみると、熟睡したという満足感がある。

体からも疲れが消えている感じだ。

足のポジションが若干持ち上がるために、足のむくみがとれたのか足も軽く感じる。

今日で、2週間目くらいだが、夏は毎日ハンモックで寝ることになりそうだ。
 
にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドア用品へ
にほんブログ村
posted by トラ吉 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ハンモック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソックス レイヤード 快適

昨日買ったファイントラックのレイヤードソックスに、バスクのサミットを履いて、8km歩いてみた。

バスクのサミットは4回ほど慣らしで履いている。

2枚重ねなので靴紐の調節に手間取ったが、しばらく歩いていると調子がでてきた。

今までの靴下よりは、足の温度が上がらない感じだ。

靴を脱いだときも、アンダーはサラサラ状態だった。

ちょと高いけれど、いいかも・・・・

 
posted by トラ吉 at 00:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

ソックス レイヤード

今日は、新宿に行ったついでに、好日山荘によってみた。

以前から気になっていた、ファイントラックのレイヤードするソックスがあったので買ってみた。

http://www.finetrack.com/layering/layering-socks.html

ソックスとしてはちょっと高い気もするが、今履いているソックスがイマイチだったで買おうと思っていたところだ。

昔、中学生のとき、初めての縦走中に足にマメができ、それが膿んでしまい歩くのが辛かったことがある。

それ以来、足元について特に気にかけている。

良い靴を買っただけではダメなので、ソックスも間に合わせではなく、ちゃんとしたものを使いたい。

そこで、今回買ってきたのがこれ。

DSC00225.JPG

  


ファイントラックのフラッシュドラッシュ・スキンメッシュソックスとスパイルフィルソックス。

出してみるとインナーはちょっと大きいかな思った
DSC00227.JPG


しかし、履いてみると丁度よかった。
DSC00228.JPG

アウターも履いてみる。
DSC00228.JPG



今度、靴を履いて試してみよう。
posted by トラ吉 at 17:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

アライ エアライズ1

昨日、ある書類を探していたら、その書類は見つからなかったが、いろいろなものが見つかった。

別件で探していた書類・・・

無くなったと思っていたテントのフレーム・・・・・

探していたボイスレコーダー・・・・・

などなど。


今日は天気が良かったので、虫干しのつもりでテントを張ってみた。

20110709150108.jpg

カビでも生えていたら嫌だなと思っていたが、無事だった。

でも夏はやはり、カヤライズが欲しいなぁ。



posted by トラ吉 at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | テント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

バスク サミット

登山靴を新調した。

バスクのサミット。



■「Summit=頂上」の名を冠したVASQUE最高級のオールレザーバックパッキングブーツ
サミットGTXは、親会社であるレッドウィング社がミネソタに持つ自社タンナーでなめされた正真正銘の高品質USレザーを贅沢にアッパー素材に使用。
USなめしレザーの持つしなやかさと時を経るごとに出てくる独特の風合いがこのプレミアムブーツの特徴です。
もちろんVASQUEマウンテンブーツDNAの集大成で、そのフィット感、保護性、耐久性、トラクション性、快適性は実証済みです。


トレイルランニングを始めた頃は、もうこんな重い登山靴はいらないなぁと思っていたので、

以前持っていた靴は人にあげてしまった。

トレイルランニングで一時膝を痛めて、復帰するにの1年間くらいかかったので、最近は慎重になってきた。

やはり年のせいかも・・・・・

また、しばらくやっていなかった登山をまた再開しようと思い購入した。

登山靴を購入するにあたって、2つのことを決めていた。

1:レザー製の靴であること。

2:メーカーはバスク。

1:は、以前軽登山靴(有名メーカー製)で雨の中を歩いたら、水漏れ?が酷かったこと。

2:は、以前トレイルランニングシューズを選ぶときに、足のフィット感からバスクを選んだこと。

今回も足のフィットは抜群である。

昨日の夜に、慣らしとして、いつも走っているコース8kmを歩いてみた。

歩いていると、足首に違和感が・・・・・・

靴紐をきつく締めすぎていたようである。

終わり頃になると、だいぶ足になじんできた。
 
posted by トラ吉 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | シューズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

平成ジレンマ 戸塚ヨットスクールの功罪

■戸塚ヨットスクールの30年 そして、現在

 引きこもりの数は全国で70万人。その半数近くが30代だ。安倍内閣が掲げた再チャレンジは度重なる政権交代で雲散霧消し、就職氷河期が深刻さを増す一方で、「失敗した者が這い上がる」ための手筈は、未だ整えられていない。
 引きこもりが長期化・高齢化する中、彼らを受け入れ、再出発を支援している施設がある。戸塚ヨットスクール。1980年代、2名の死者と2名の行方不明者を出し、日本を騒がせた、あの戸塚ヨットスクールだ。

 ヨットマンだった戸塚宏が1976年に開いた戸塚ヨットスクールは当初、単なるスポーツ教室としてスタートした。しかしある時参加した児童が、不登校を克服したことが評判となって、次第に情緒障害児の矯正施設へと方向性をシフト。家庭内暴力などの非行少年を数多く受け入れ、「体罰は教育」の信念のもとスパルタ指導。マスコミはその取り組みを賞賛し、全盛期は100人を超す訓練生が戸塚に在籍した。そんな折、戸塚ヨットスクール事件が発生。世間は一転、スクールを糾弾する。戸塚は逮捕され、傷害致死で有罪。体罰は学校教育におけるタブーとなり、戸塚ヨットスクールの存在は、世間の表舞台から姿を消していった。

 しかし2006年、刑期を終え出所した戸塚はすぐにスクールに復帰。訓練生と向き合う日々に戻る。60代の戸塚はなぜ、再び闘うことを決意したのか? 
映画『平成ジレンマ』は、戸塚宏という昭和の怪物に密着。『光と影 光市母子殺害事件・弁護団の300日』などの問題作を世に放ってきた東海テレビが、戸塚ヨットスクールを通して浮かび上がる、現代社会の歪みを描いた。
 
平成ジレンマ(c)2010東海テレビ放送
平成ジレンマ(c)2010東海テレビ放送



■だれが? この国を?

 スクールの入学金は315万円と高額だが、再入校の場合は免除。卒業後に失敗しても、何度でも復学が可能だ。体罰は封印されたものの、訓練生達は今も厳しい規律の下にあり、その単調さに耐えられず脱走する者も後を絶たない。戸塚らに強制力はなく、訓練生が「自分の力で自分の人生を変えたい」と気づく日まで、ひたすらサポートに徹する。

 ある日、いじめ被害で引きこもり、リストカットを繰り返していたという、17歳の女子高生が入校してくる。スクールは通常、自傷癖のある者を受け入れていないが、弱り果てた母親を見かねて、戸塚が入学を許可。少女はぎこちないながらも他の訓練生とうち解け、笑顔を見せていた。しかし入校3日後、突然スクールの屋上から飛び降り、死亡。一瞬の事故だった。

 「本当に止められなかったのか?」「スクールに責任はないのか?」30年前と同じように詰問するマスコミに、戸塚は怒りを抑え「なぜあんな子ができたの? その元を追求してくれんかなあ」と問い返す。なぜ不登校は増え続けるのか。なぜ子供たちは引きこもるのか。誰が、彼らを救うのか。カメラの前で戸塚はふと本音を漏らす。「見とったらわかると思うけど、誰もやりたないよね? 寧ろ、それを作らんほうに回りたいよね。教育の方にね。」

 映画の終わり、スクールは新たに40歳の引きこもりを迎える。彼を見つめる戸塚は、69歳。もう一度、這い上がる。社会の片隅で、敗者たちのリベンジは続いている。(キキ/mixiニューススタッフ)

■『平成ジレンマ』製作・著作・配給/東海テレビ放送 (c)2010東海テレビ放送
ナレーション/中村獅童 プロデューサー/阿武野勝彦 監督/齊藤潤一 
2月5日(土)よりポレポレ東中野ほか全国順次公開

http://www.heiseidilemma.jp/

******************

学生の頃、ヨットでのシングルハンド(単独航海)のあこがれの人でした。

戸塚ヨットスクール設立当初は、有能なヨット乗りを育てるのが目標でした。

戸塚さんがデザインした、「かざぐるま」というディンギーは、沈(転覆)しやすい船で、トレーニング用としては良い船だったと思います。

しかし、、不登校児がこのスクールに入って治ったことから、口コミで広まり、スクールの性格が変わっていきました。

そして、死亡事件などを起こし、世間を賑わせました。


私が大学生のときのヨットの合宿所の隣に、関東での戸塚ヨットスクールがありました。

我々大学生が出港しない時化のときにも、小学生や中学生の彼らは海にでていました。

それを見て、「すげー!」と言っていたものです。

命の危険が迫れば、生きるために何か行動を起こさなければなりません。

その力をもって、不登校などの子供を治していたのでしょう。

隣で見ていた我々には、マスコミに書かれているようなこととは、随分と違うイメージを持っています。

海の上では、力づくでも生きる方法を教え込まなければならないことがあります。

それが逆にアダとだったのでしょう。


それにしても、不撓不屈の精神をもった人だと感心させられます。

時間が許せば、平成ジレンマを見に行きたいと思います。

http://www.heiseidilemma.jp/
posted by トラ吉 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。